クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

iPhoneAndroidロールプレイングクイズRPG定番

3.13(107)

プレイヤーを楽しませたいという運営の思いを感じ取れません

hy

初めて、約2年ほど経ちますがその感想を。

【良い点】
イラストが素晴らしい。声優さんを取り入れたボイスもあるし、
キャラも多いので満足です。新イベントも定期的に来るし、過去のイベントもいつでもプレイ出来るようになりました。

【悪い点】
まず、難易度がどんどん難しくなっているため過去に引いた限定のキャラが使えなくなっていきます。クリアするにはクイズ全問正解が大前提。
また、ガチャは本当に酷いです。他ソシャゲーは多々プレイしていますが、ここまで限定が当たらないのはコロプラくらいではないでしょうか。
苦労してアイテム溜めて、10連以上回しても全て外れることばかり。
こんなにガチャ引くのが憂鬱なゲームは他にありません。
プレイヤーを楽しませたい、もっと遊んで欲しい、そういった思いが見えません。初心者はお断りと言っても過言ではありません。
これから始めるにはおすすめしません。
他にももっと良心的なゲームは沢山ありますので...

2017/01/01

このゲームの評価や感想を教えてください!

他のレビューもチェックしよう!

全くゲームには興味ありませでしたが、CMを見てクイズ好きなので軽い気持ちで始めてみました。

ゲーム自体に不慣れな事もあり、最初は分からない事だらけでしたが、自分で調べながらやっていくうちに、クイズでのバトルとカード育成の楽しさにはまっていきました。
個人的には、カードの絵柄が綺麗な物や可愛い物が多いのも魅力の一つだと思います。

最初は簡単にクリア出来ていましたが、進むにつれて強いカードを持ってないと、先には進めないし、やっと貯めたクリスタルでガチャを引いても強いカードはめったに出ないし、無課金の限界を感じた事もありましたが、イベント等で獲得したカードでデッキを組んで、戦い方を検索してやっているうちに、コツもつかめてきて今では、イベントの最上級のもクリアできる様になりました。

始めた頃に比べると、最近ではクリスタルが無課金でもかなり入手しやすくなりましたし、手持ちのカードにアイテムを使って強化出来るシステムもあり、大当たりのカードでなくても、十分使えるカードに生まれ変わったりする様になりました。
なので、最近始めた人の方がカード運用の幅が出てより楽しめるゲームになったと思います。

因みに、自分の性格上、課金し始めると止まらなくなるのが分かっているので、パスワードをデタラメに打ち込んで課金出来なくなる様に最初に設定しました。

課金してクリア出来なかったり、良いカードが出ないと悔しいと思うのですが、タダで遊んでいるのだからまぁいいかという気持ちになるので今まで続けてられるのではないかと思っています。(笑)

課金ありきのゲームだと言われている様ですが、マイペースにやれば無課金でも、十分続けて楽しめるゲームですよ。

2014/10/21

★4つ5つつける気にはなれない、ガチャの確率非公表は景品表示法違反であり明らかに問題で悪質でありよくこんなガチャひけるなと自分でも不思議に思う。
★1つ2つつけないのはかれこれ一年半もずっとやり続けているゲームだからである。
課金するなら月一万円以内にはとどめた方がいいと思う、無課金貫くならクリスタルの使いどころをきちんと見極めてつかうべきである。(個人的には年末年始のガチャを推奨かな)
何だかんだで詫びクリなどでクリスタルは貯まるが、運営自体は鯖強化などのやる気はさらさらないので運営に期待するだけむだである。
まだこのゲームのガチャはハズレでもマナというステータスアップの素材になるので良心的かなと思う。(他のゲームではハズレはただのゴミと化すため)
札束で殴り合うゲームや公式放送で始まった直後土下座するどこぞの運営よりはマシだと思う。
ストレスを溜めずにまったり付き合うのがこのゲームのベストな付き合い方である。
まわりの無課金の友達はある程度見極めてガチャをやっていいカード引いているので今でも上手いことやっている。
ただ始めて3ヶ月そこらの課金厨のリア友が限定の艦隊をつくってストーリーを早く進めて自分より早く終わったのには閉口するしか無かった(笑)

2015/07/22

魔法使いと黒猫のウィズをプレイしています。



クイズに答えれば、手持ちのキャラカードが敵を攻撃、それを繰り返して撃破、先に進んでいくといった感じのゲームです。

強いキャラがガチャででれば本当にサクサク進めます。

クイズも簡単なものから、そんなん知らんわ!!的なものまで幅広く毎日飽きません。

難点を上げるなら、クイズ選択時に見える難易度と実際の回答率が釣り合ってない時があることでしょうか。(1色:簡単、2色:ちょっと難しい、3色:難しい)

ここは是が非でも外せないから慎重に1色問題を選択したのに、正解率30%前後とか、それで間違って、さらにゲームオーバーになった時はちょっとむしゃくしゃします……。

たぶん、最初に作成された方々の感覚でわけられているのでしょうが、定期的に見直しとかはされてないのかな…?



先にガチャで強いキャラがでれば、と書きましたが無料の範囲でもそこそこ遊べます。どこか提携しているサイトに登録してクリスタル(ガチャを引くためのもの)を手に入れるとか色々な紹介されている方もいますが、そんなことしなくても、長く続けていればそれなりに貯まってきますし、イベント等でそこそこのキャラを入手することも可能です。

現に私は完全無料で封泉級(5段階の4)クラスまでは何とかクリアできるようになりました。まだまだ育ちきっていないキャラもありますし、無料のまま絶海級クリアを目指したいと日々楽しみながら頑張ってます!



まあ、CMのようにクイズに答えることによって知識が増えるということはあまりありませんが……。

その場では「へー」と思っても、プレイ後はほとんど忘れちゃいます(笑)

2014/09/01

ガチャ率が低いと言っているひとがいますが、普通に引けば限定キャラは1,2枚は出るので安心していいです。また、クエストの難しさについてですが進めるほど難しくなっていきますがそれはクイズの難易度ではなく、敵の強さがです。しかしRPGなのだからそれでもいいと私は考えています。何より強い敵を倒したときの達成感は凄いものです。私はどこぞのパズドラ(笑)なんかよりはこっちのほうが好きですしストーリーがある分進める楽しみがあります

2016/07/04

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズアイコン

課金インフレが酷い

ネコは好き

うーん、課金させたいのはわかるんですが、ゲームのシステムからガチャの仕組み、イベントの難易度などがすべて課金させる為のバランスになってます。

最初は面白いですが、その後通常のイベントさえも課金キャラいないと遊べません。
酷いと思ったのは、キャラのスキルの開放が配布されるアイテムか、同キャラでしか開放されなく、レアキャラを引いても、スキル開放できなくてステータスがレアでなくなってしいます。
レアを複数引くには数十万円くらいかかるみたいです。

フレンドの登録も当然レアキャラ同士しか繋がりがなく、他のゲームのようにフレンドキャラが強くて助かる事は、無課金スタートでは皆無です。

イベントも1日1時間程度のプレイでは、追いつくことの出来ない状態で時間拘束が長すぎます。

最近はインフレが酷くて、3ヶ月前に課金で引いたレアが使い物にならなくなり、また数万円つかってレア引くのもバカらしくなりやめる事にしました。
今では課金インフレが半月に1回程度のペースになってます。

最初面白くて、壁が来たときに課金しないで辞めておけばよかったと後悔しています。
他の方も、続けて遊ぶには課金がほぼ必須な事を念頭において、ある程度覚悟してからプレイ始める事をおすすめします。

2014/08/10

最初はサクサク遊べるゲームだが,他のレビューにもあるように5ステージ目辺りからはパネル事故や強敵のせいでストレスを感じることが多くなる。
有料ガチャの特定スキルを持つ高レアカードが必須になのにガチャのレア確率が低いということ,インフレが加速していることも1年プレイしていると実感できる。この辺りは,長くプレイしていれば誰でも持つ感想だ。

しかし,より問題に思うのは,運営は黒猫のウィズをクイズゲームにする気があるのかということだ。

現状では,攻略においてクイズ力が得をするということがほとんどない。
他のレビューにもあるが,難問である3色問題パネル,2色問題パネルを解いて攻撃アップや回復など,プレイヤーに有利に働くことがないというのはクイズゲームとしてどうなのか。
最近では高難度イベントの報酬カードや,有料ガチャの高レアカードに上記のような性能が実装されてきているが,クイズという要素を取り入れているのであれば,これらのカードがなくてもプレイヤーの腕である程度はカバーできる仕様をデフォルトで設定すべきだ。レアカードのないプレイヤーはどんな難問に正解し続けたところで,メリットは正解数稼ぎくらいしかない。
そしてクイズゲームの要素は,ゲームが進むほど少なくなっている。
トーナメントや高難度イベントはまさにこれを体現していて,プレイヤーに要求されるのはクイズ力ではなくレアカードを集めた単色デッキだ。一般常識で答えられる程度の単色問題に速押し正解さえできればいいという,明らかなカードバトル優遇っぷりが見られる。社長の馬場氏はとあるインタビューで,黒猫のウィズがほかのクイズゲームより優れている部分に「「クイズを解く」という要素に特化している点」を挙げていたが,一体何を言っているのか。
一応「RPG」なので,ある程度高ステータスの手持ちが終盤ほど要求されてくること,運営側が課金者層を優遇したい気持ちもわからなくはないが,最近の更なるレアカード量産状態では,クイズ要素やゲーム性の改善はどうでもよくてとにかく金を使わせたいという気しか伝わってこない。マルバツクイズ実装の話があるので,まだ希望はあると言えるが。

クイズに答えてカードが攻撃するというゲーム性そのものは面白いと思うだけに,もったいなく感じる。純粋にクイズを楽しみたい人にはストレスを伴う可能性があるのでおすすめできない。

2015/04/21

初めて本格的に手を出したソシャゲです。
無課金を貫いてプレイしていますが、けっこう楽しめています。

このゲームは頻繁にクリスタルを配布するので自分の中で決めた引くタイミングと上限さえ守れれば、無課金でもガチャを楽しむことができます。
肝心のクイズ部分も単色、二色問題などはある程度自分の頭で考える必要のある問題もあるところがいいです。

大きな問題点があるとすれば、インフレの進み具合が激しいところでしょうか。まだ始めてから半年しか経っていないのですが、それでも始めたころより明らかに強いカードが増えてきました。
ネットで一年前のカードなどを見ると別ゲームかよってくらい性能が違います。ここ半年あたりでもインフレ加速度がやばいです。

インフレしている割にゲームシステムにあまり変化が見られないところが、ゲームバランスが悪いと言われてしまう所以ですかね。カードの性能ありきのゲームになってきているので、もう少しクイズ面を押すよう改良してほしいところですが……

もう一つ大きな問題点は、ゲームに非常に時間がとられるところです。ドロップ率が極端に低いのか、配布カードを手に入れるまでに何時間もかかってしまう。そのくせ毎週のように新しいイベントが追加されるので、だんだん追いつかなくなってしまう。メインストーリー、なにそれ状態です。

毎回のように新要素を追加しなくていいから、ストーリーやイベントを小出しにしてくれればいいのに……


ゲーム自体やクイズは面白いので、もう少しゆったり楽しめるよう速度を落としてほしいものです。

2015/11/08

クイズに答えながら仲間を強くしていくという斬新なアイデアがとても面白い!

攻撃できる属性の数が増えると問題もそれに応じて難しくなるシステムが本当によくできているなぁと関心しました。

2属性で攻撃できるけど難しい問題か、1属性しか攻撃できないけど簡単な問題か状況によって判断したりと普通のRPGのように戦闘において戦略的な要素も含まれており、ただ単にクイズに答えていくだけでないところも好感触です。



クイズも理系、文系、芸能、スポーツなどなど様々な分野があり、余裕のある時はあえて自分の苦手な分野を選んで知識を広げることができて頭の体操にもなっています。

私は特に芸能分野が苦手なので、正答率95%の問題でも平気で間違えたりするのですが、このゲームをやってから芸能のことも徐々に覚えることができてきて本当に楽しませて貰っています。



ただ、ダンジョンで出てくる並べ替えクイズがたまにとても難しい問題が連発したりして苦労してます。

しかも並べ替えクイズは間違っても正解の答えが発表されないために、また同じ問題が出ても答えられず困ってしまいます。

できれば、並べ替えクイズも間違えたときに正解の答えが出てくれたら勉強にもなるのになぁと思います。

2014/01/12

聞きなれない「クイズRPG」という響きに引かれ、このゲームをダウンロードしたのはもう1年以上も前のこと。気づけばテレビCMも放映され、今や超人気ゲームとなりました。とにかく、画面が綺麗!中世のような異世界が舞台なのですが、まず登場する主人公のウィズがとても可愛いです。世界トップクラスの魔法使いであるウィズに見込まれ弟子になる自分…という設定も、RPGらしくてわくわくします。でもただのRPGではなく、そこは「クイズRPG」。基本は、仲間となる精霊や魔術師のカードを集め、育成して戦うという分かりやすいものですが、いざ戦いの場面になるとクイズの要素が入ってきます。いくら強いカードを持っていても、クイズに正解しないと攻撃出来ない。逆に、少々デッキが弱くてもクイズが得意であれば負ける可能性は低くなります。ちょっと難易度の高いクイズに挑戦し、正解して敵を倒したときの快感はたまりません。本当に、仲間の精霊たちと一緒に戦っている気分になります。そしてそのカードが、本当に種類が豊富でビジュアルも良い。どのキャラもだいたい3~4段階の進化が用意されていて、最終形態にまで進化させると名前と見た目がとても豪華になります。衣装や構図も美しくなり、カード自体もキラキラ光ったりします。何より最終形態まで育てると、愛着も湧きます。難易度の低いクエストに挑むとき、敵との相性やカードの能力を考慮せず、ただ自分のすきなカードだけをデッキにつんでいくのは親バカなのでしょうか。最近では、潜在能力の開放や、マナプラスという新たな能力強化の方法が追加され、「好きだけど弱かったカード」を自分好みに強くしてあげることも出来るようになりました。私は今、先日のイベントクエストで手に入った進撃の巨人のキャラのカード達を育成中です。戦闘にいくのが嬉しくなるような、そんなデッキを作り上げて楽しんでほしいです。

2015/03/05

RPGの世界観を下敷きに、バトルの手段が「クイズ」であるという新機軸を取り入れたこのゲーム、間口が広くてライト層も取り付きやすく、またやりこみ層も深く楽しめる要素のある作りになっています。

ゲームのサービス開始は2013年3月、自分が始めたのは やや遅れて夏頃だったかと思います。ゲームを取り上げるブログなどでパズドラやミリアサといったソーシャルゲームと並んで話題に取り上げられていた「ウィズ」でした。ソシャゲってなんだか面倒な感じだなあ、と先入観から若干二の足を踏んでいたものの インストールして遊んでみると、まったくの杞憂だとすぐ分かりました。ウィズは極力ソーシャルな要素(いわゆるギルドとかの対人要素)を省いたお手軽設計になっている、という開発者コメント記事を後日みて「なるほど」と思ったものです。

派手な演出、お手軽操作で短時間決着とサクサク ゲームは進行します。またそもそもクイズを解くという事はやはり面白いもので、パズルやシミュレーションでバトルするものよりも自分には向いているようでした。

バトルで使う手駒=カードは「ガチャ」で入手することになります。そのカードは多種多様なバリエーションがあり、攻略のために性能的に強いカードを求めるもよし、そして単に美麗な絵柄を楽しむもよし、とコレクション的にも楽しめるものです。自分は無課金プレイ中でガチャに課金したことはありませんが、それでも「配給」のガチャで一喜一憂、ささやかに楽しんでいます。

という事で、現在も楽しくプレイしています。けれど、最近は少しマンネリ化してるかな、とやや不満を感じなくもありません。余計な要素を削ぎ落したシステム・間口の広さは逆にいうと「深みが出しにくい」という事ですね。「古参」ユーザーに向けての高難度イベントが開催されますが、ウリである手軽さが無くなりどうにも冗長なプレイになりがちなんです。

ユーザーが増えるほど、すべての層が満足する内容にするのは難しいのでしょう。2014年で一周年を迎えるウィズ、これからどうなっていくのか期待していきたいと思います。

2014/03/17

このゲームを見た人はこんなゲームにも興味を持っています

このゲームを見た人におすすめ!

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズの関連カテゴリ

おすすめスマホゲーム!

事前登録中のスマホゲーム!

新作スマホゲーム!

ゲームジャンルから探す