おすすめアイコン

魔法科高校の劣等生 LOST ZEROは面白い?特徴や魅力、遊び方をレポート!

2.33
登録日:2014/9/30
  • tn00730_1
  • tn00730_2
  • tn00730_3
  • tn00730_4
  • tn00730_5
  • tn00730_6
  • tn00730_7
  • tn00730_8
  • tn00730_9
  • tn00730_10

特徴と魅力的なポイント!

  • 人気ライトノベルを原作とした、オリジナルストーリーを楽しめるスマホゲーム
  • 本格的な3Dモデルを使用しており、モーションや衣装までしっかり作られている
  • 属性や連携など、オーソドックスな日本風のバトルシステムを採用している

魔法科高校の劣等生 LOST ZEROの遊び方や序盤攻略、特徴と魅力をレポート

「魔法学園の劣等生 LOST ZERO」は、同名タイトルのライトノベル、アニメ原作のゲームです。

このゲームをやるまでは、原作については名前を知っているだけで内容は知りませんでした。

00730_1

「魔法学園の劣等生 LOST ZERO」は、オリジナルストーリーなので原作を知らなくても楽しめますし、キャラクターに本格的な3Dモデルを割り当ててモーションや衣装まで作ってあり、グラフィックにも驚かされました

その代わりゲーム自体は中々重く、電池の消費も激しいのでプレイしていない時はちゃんとアプリを終了しておきましょう。

00730_2 00730_3

戦闘も割と基本的な日本風RPGと言うかしっかり作られており、必殺技には3Dモデルを使ったカットインまであります。

敵や味方の行動中にも操作ができるのも、サクサクしていて楽しいです。

00730_4 00730_5

いわゆる属性的な要素もあり、魔>武>精>魔…というサイクルになっています。

しかしこのゲームで重要なのは属性より連携でしょう。

サポートキャラクター(いわゆるフレンド)を含めて最大5体のユニットですが、ゲージが溜まった状態で連続でタップしていくことにより連携が発動し、ダメージが上昇します。

00730_6

この時、全体攻撃を持ったユニットがいればそのユニットは全体攻撃をするので、連携の後半に持ってくると一気に敵全体に大ダメージを与えることもできます。

そして連携を稼いでより大きなダメージで敵を倒すと、オーバーキルボーナスが入り、必殺技ゲージが大量に回復できたり報酬が増えたりします。

さらに、最後の敵を必殺技で倒すとよりボーナスが増えます。

00730_7

さて、このゲームは他にも、キャラクターとのコミュニケーションを取るいわゆる恋愛ゲームのようなモードもあります

ここで消費するポイントを稼ぐのも戦闘の目的であり、先ほどの報酬ボーナスも主にこのポイント目的になります。

このコミュニケーションでキャラクターの経験値を貯めたり、一時的に強化したりもできます。

ここの会話も意外とパターンが沢山あって楽しめます。

贈り物を使うと効率的にコミュニケーションできるようです。

00730_8 00730_9

また、キャラクターを集めるのはよくあるカード方式なのですが、このゲームはこの要素を上手く世界観と馴染む設定にしており、この点も非常に好感が持てます。

カードはキャラクターを強化する魔法のような扱いになっており、1キャラクターに複数のカードが用意されています。

面白いのはこのカードのイラストによって3Dモデルの衣装も変化する点です。

きちんと必殺技のカットインにも反映されます。

00730_10 00730_11

カードの入手は敵からのドロップやガチャからの入手になります。

カードが増えてきたら売却したり、合成して強化したりできます。

合成はキャラクターごとにするよりも属性ごとに強化したほうが多めに経験値を貰えます。

勘違いしやすい点なので気をつけましょう。

以上、それなりに奥が深く楽しめる戦闘と、軽い恋愛ゲーム要素を楽しめる、中々良質なキャラクターゲームでした。

原作を知っていると少し違和感のある部分もあるようですが、オリジナルストーリーも楽しめるので、プレイしみてはいかがでしょうか。

00730_12
魔法科高校の劣等生 LOST ZERO

魔法科高校の劣等生 LOST ZERO

iPhoneAndroidロールプレイングカジュアルRPGキャラゲー

2.33(3)

魔法科高校の劣等生 LOST ZEROのカテゴリ

このゲームを見た人はこんなゲームにも興味を持っています

このゲームを見た人におすすめ!

魔法科高校の劣等生 LOST ZEROのレビューを抜粋!

このゲームの評価や感想を教えてください!

このゲームは自身も物語の登場人物の1人として参加し、原作のキャラクター達でデッキを組み、シナリオを進行させていく、と言うゲームです。

各キャラクターにはそれぞれ専用のカードが用意されており、そのカードにはレアリティが設定されています。また、カードを交換すると、コスチュームも変換すると言う特徴があります。例えば、水着のカードならば、ゲームないでも水着で登場する、という感じです。

シナリオは戦闘を中心に進んでいきます。

戦闘は準備できたキャラクター(待機状態)をタップすることで攻撃を行います。連続でタップするとコンボが発生し敵に大ダメージを与えることができます。

また必殺技も用意されており、そのときのカットインアニメーションもかなり作り込まれています。

このゲームの特徴としては原作の登場人物とのコミュニケーションにあると思います。

原作を知っている人はそのキャラクターと会話することで実際に自分が本当にゲームの世界にいるような感覚になります。この会話もいろいろアクションすることで反応が変わるので非常に面白いです。

肝心のカードですがこれも課金で感応石というアイテムを購入する必要があります。ですがこのアイテムもボーナスでもらえることがあるので、それほど課金に神経質になることはありません。

プレイ次第では非常に面白いゲームだと思います。

2014/10/21

もう古参しか残ってない状況で延々と押しキャラを
眺めるだけの作業ゲーとかしている。

もともとガチャが非常に渋く、且つ回せる機会も
少ないので目当てのキャラが揃うことは非常に稀。

全体的にテンポも悪く、やれることは少ない。
現状では強デッキを持ってないとほとんど意味はなく
ランキング系のイベントでは何時も同じ人が上位。

新規向けのイベントも特になく、リセマラも特に
必要はなく、好きじゃやらないだろうレベル。

ゲームキャラと新規キャラの追加はするも
アニメもとっくに終わっている現状では
趣味ゲーでしかない。

2016/11/18

ゲームは本物の劣等生だった模様

魔法科大学の一般生

 私は、今年の春から夏にかけて放映されていたアニメ「魔法科高校の劣等生」の大ファンであり、原作全巻読破、アニメ全話視聴していました。この大好きな魔法科高校の劣等生が無料スマホアプリでゲーム化されると聴いてとても楽しみにしていました。ゲーム化されたものの名前は「魔法科高校の劣等生 lost zero」。簡潔に感想を述べると期待はずれでした。

 キャラクターのグラフィックは綺麗で、バトルシステムもリアルタイム性があり単純にタップするだけでは無くて良いのですが、なにぶん動作が重い。その上、ストーリー序盤から敵が強いので、自分の育てるキャラだけでは勝てず、毎回選べるフレンドの助っ人キャラで強いキャラを助っ人に選ばなければステージクリアもままならないといった現状で、序盤はもっと自力で敵を倒す爽快感があっても良いのではと思いました。それにキャラの親密度をあげるとステータスボーナスが付くという仕様もあるのですが、これが単調作業の繰り返し。初めて行われたイベントに至っては、ただただ何十分も画面をタップし続けるだけでちまちまとポイントを稼いで行くというなんとも微妙なイベントでした。それでもイベント配布のレアキャラが欲しく頑張ったのですが、目当てのキャラを撮る前に5、6時間かけたあたりで断念。ただタップし続けるだけというのは予想以上に辛かった...。

 好きな作品のゲーム化といった期待もあってプレイしてきたのですが、正直これが何も知らないゲームだったらすぐにやめてしまっていたと思います。現在はイベントを中心にテコ入れをしているみたいですが、私はもうやらないと思いますね。

2015/07/22

魔法科高校の劣等生 LOST ZEROの関連カテゴリ

おすすめスマホゲーム!

事前登録中のスマホゲーム!

新作スマホゲーム!

ゲームジャンルから探す