おすすめアイコン

リアルカックロは面白い?特徴や魅力、遊び方をレポート!

5.00
登録日:2015/5/25
  • tn01563_1
  • tn01563_2
  • tn01563_3
  • tn01563_4
  • tn01563_5
  • tn01563_6

特徴と魅力的なポイント!

  • クロスワードパズルに似た、文字の代わりに数字を入れるパズルゲーム
  • 収録問題数は2000となっており、5つの難易度から問題を選べる
  • 数字の組み合わせを全て教えてくれるなど、スマホゲームならではの仕様

リアルカックロの遊び方や序盤攻略、特徴と魅力をレポート

「Real Kakuro(リアルカックロ)」は思う存分、カックロが楽しめるアプリです。

カックロは一見、クロスワードパズルに似ていますが、マスに入れるのは文字ではなく数字です。

入れる数字は足し算により導き出します。

01563_1 01563_2

「Real Kakuro(リアルカックロ)」の収録カックロ数はなんと2000です。

Easy、Medium、Hard、Challlenging、Extremeという五段階の難易度それぞれに、400のカックロがあります。

これだけあれば、相当長い間楽しむことができますね。

01563_3

まずはカックロのルールを覚えましょう。

マスの上や横に三角形に囲まれた数字があります。

カックロは、マスの縦合計や横合計が、三角数字と一致するように、マス目に数字を入れて行くパズルです。

使える数字は1から9までで、一列あるいは一行に、同じ数字を入れることはできません。

01563_4

たとえば三角の中の数字が4で、マスの数が二つあったとします。

合わせて4になる二個の数字を考えてマスに入力すればいいわけです。

合わせて4になる二つの数字の組み合わせといえば、「1+3」あるいは「2+2」ですね。

01563_5

しかし一列あるいは一行に同じ数字は不可、というルールを思い出して下さい。

つまり「2+2」の組み合わせは不可ということです。

合わせて4になる二つの数字の組み合わせは、「1+3」のみになります。

01563_6 01563_7

他にも、17でマス二つなら入る数字の可能性はは「8+9」のみ、7でマス三つなら「1+2+4」のみです。

カックロにはこのように、組み合わせのバリエーションが少ないものがいくつかあるので、これを利用すると解くのが早くなります。

01563_8

「Real Kakuro(リアルカックロ)」の便利なところは、右下の目のマークタップで、マス目に入る可能性のある数字の組み合わせを全て教えてくれるところです。

たとえば横の三角数字が「18」でマス目の数が三つなら、左端の「row」に「189、279、369、378、459、468、567」と表示されます。

01563_9

また縦の三角数字が「16」でマス目の数が二つならば、左端の「col」に「79」と表示されます。

マス目にこれらの数字をメモ書きしていくと、分かりやすいです。

鉛筆アイコンタップでメモ書きになります。

九つの数字を書き入れることができます。

01563_10 01563_11

ペンマークタップで数字入力となります。

ペン入力すると縦横の加算計算が自動で行われ、間違っている時は数字が赤くなります。

消しゴミタップで一度入力した数字を消すことができます。

ペン入力を消しても鉛筆のメモ書きは残ってるのが便利です。

ぜひ頭脳の体操も兼ねて、カックロを楽しんで下さい。

01563_12 01563_13
リアルカックロ

リアルカックロ

iPhoneAndroidテーブルクロスワードお手軽

5.00(1)

リアルカックロのカテゴリ

このゲームを見た人はこんなゲームにも興味を持っています

このゲームを見た人におすすめ!

リアルカックロのレビューを抜粋!

このゲームの評価や感想を教えてください!

雑誌でSudokuの横にあった数字パズルに挑戦したら、とても難しくて解けないことがありました。難易度をみたら5点満点の4と、なかなか難しい問題らしいとわかり、これは初級からやってみたいと思いました。Sudokuにも慣れてきた所だったので、雑誌で題名をチェックするとカックロというゲームだと判明しました。

すぐにGoogleplayでカックロで検索しました。ゲーム画面もアイコンも落ち着いていて良い感じだったので、選びました。

開いてみると、easyから難易度設定は5段階あります。ゲームのやり方は英語ですが、図がついてるので分かりやすいです。

ひとかたまりのセルの上と横に数字が書いてあり、セルの合計がその数になるように入れていきます。数字は1-9の9種類で、1つのセルの塊には同じ数字は使えません。

たとえば2セルの塊に合計4の指示がある場合、2と2を入れるのはだめです。1と3の組み合わせを入れましょう。

入れてみないと分からないというのは、Sudokuでもあったことですが、こちらはもっとその要素が強いです。

有難いのが、本決定ではないけどこの数字かなっていうのを書き留めておける鉛筆機能です。それで予測を書き込みながら、周辺で矛盾がでたら考え直すということができます。

矛盾なく埋められそうだとポールペンの表示をタップして決定数字を入れていきます。この時,数字の合計が間違ってるとか、二度同じ数字を使っている等のミスを、縦横両方の観点からチェックして、間違ってる場合は赤字で知らせてくれます。

至れり尽くせりたのでeasyモードはすぐに解けるようになりました。ちょうど良い気分転換になる適度の難しさで、ちょっとした時間にやります。難度を上げていくとドンドン難しくなります。これはまだまだ、チャレンジしていく楽しみがあります。

2015/08/04

リアルカックロの関連カテゴリ

おすすめスマホゲーム!

事前登録中のスマホゲーム!

新作スマホゲーム!

ゲームジャンルから探す