おすすめアイコン

VR V.V.リアクターは面白い?特徴や魅力をレポート!

0.00 登録日:2018/1/19
  • tn04966_1
  • tn04966_2
  • tn04966_3
  • tn04966_4
  • tn04966_5
  • tn04966_6

おすすめポイント!

  • 新型自家用カーにバーチャル空間で試乗体験できるスマホゲーム
  • 視線を変えると360度自由に景色を見渡すことができるVRモードを搭載
  • タイムをほかのユーザーと競い合えるタイムトライアルモードもアリ

VR V.V.リアクターの攻略・アプリレポート

「VR V.V.リアクター」は浮上して走行する新型自家用カー「VV-01」を、バーチャル空間で試乗体験できるスマートフォンアプリです。

スマートフォン用のVRゴーグルを使えば家庭で気軽にVR体験ができます。

また、「VR V.V.リアクター」はVRモードとノーマルモードを選択できるので、VRゴーグルを使用しなくてもプレイできます。

04966_1 04966_2

「VR V.V.リアクター」は、次世代カーVV-01の試乗を15分程度のストーリーで体験できます。

インテンション端末ロボット「ミリア」が、フルボイス付きで試乗会のナビゲートを行ってくれます。

04966_3 04966_4

ノーマルモードでは画面が固定されますが、VRモードでは視線を変えると360度自由に景色を見渡すことができ、まさにバーチャル世界の市街地を走行している様子を体感できます。

04966_5 04966_6

「VR V.V.リアクター」では、画面に表示される操作パネルを使いプレイヤーがVV-01を運転することもできます。

ミリアが手動運転に切り替えると、画面に操作パネルが表示されます。

ノーマルモードでは操作パネルをタッチして操作し、VRモードでは視線の先に表示されている白い点を操作パネルに合わせて操作します。

操作パネルは光ることで操作可能の合図になります。

光る前から視線を合わせていたり、タッチしたままだと正確に操作が出来ないので、タイミングを合わせて操作しましょう。

04966_7 04966_8

画面に飛行可能なエリアのマップが表示されています。

マップでは飛行可能区域は赤いラインで囲まれていて、道路上では領域外の場所にはOUT OF AREAと表示されています。

この場所を超えてしまったり、カーブで曲がりきれずに建物に接触するとVV-01は墜落し爆発します。

大事故を起こさないよう、安全運転を心がけていきましょう。

ただし、「VR V.V.リアクター」では、何度でも続きからプレイできるので安心です。

04966_9 04966_10

走行中に予期せぬアクシデントが発生するなど、15分程度の試乗体験を存分に楽しめるストーリーになっています。

様々なアクシデントに必死に対応するミリアの姿は必見です。

試乗体験は何度でも繰り返しプレイできます。

04966_11 04966_12

「VR V.V.リアクター」では試乗体験を終えると、タイムトライアルモードがプレイ可能になります。

タイムトライアルモードでは、チェックポイントをすべて通過するタイムを他のユーザーと競うことができます。

また、タイムトライアルモードでは速度を上昇させることができる操作パネルも登場します。

ただし、速度が上昇中は分岐ポイントを曲がる操作ができないので、速度を落としてから分岐ポイントを曲がるなど、タイミングよく操作することが重要です。

04966_13 04966_14

「VR V.V.リアクター」は、近未来カーの試乗を通じてVRの基本操作を一通り体験できるので、VRゴーグルを入手したら、まずはプレイしておきたいアプリです。

試乗体験だけではなくタイムトライアルなど、何度も繰り返しプレイを楽しめます。

04966_15
VR V.V.リアクター

VR V.V.リアクター

iPhoneAndroidシミュレーション体験VR対応

0.00(0)

このゲームを見た人はこんなゲームにも興味を持っています

このゲームを見た人におすすめ!

VR V.V.リアクターのレビューを抜粋!

このゲームの評価や感想を教えてください!

事前登録中のスマホゲーム!